施工管理 佐藤 優稀

前職は大工。2級建築士から施工管理者へ

私は小さい頃から建築がやりたくて、建築の専門学校を出て、大工業をやっていました。
景気が悪い時に仕事が少なくなってしまったので、応援大工と言うのですが、自分で色んな現場に電話して入って、仕事を探していました。その状態が1、2か月続いて、このような生活はいけないなと考えまして、就職を考えたのが最初のきっかけです。丁度その年に2級建築士の資格を取得して、設計士とか建築家になりたいという気持ちが強くなっていました。
弊社との出会いは、私の知人と弊社の高橋部長が、同じ夜間学校の2級建築士のクラスに通っていたことで、知人から紹介していただくことになりました。

就職にあたって会社選びの基準は、あまりにも大きい建物ではなくて、自分で最初から最後までできる規模の仕事を扱っていることが条件のひとつでした。そこで、施工管理の分野で働くことを考えていました。
しかし、元は大工という専門職ですし、施工管理という分野は知識も経験も本当に少なく、年齢もまだ20代。そんな私を受け入れてもらえるのかどうかと、高橋部長に相談させていただいたところ「だったら、これから目指していこうじゃないか」と言っていただき、そして「それに立ち向かう努力は出来るか?」とたずねられました。
私の方から「それはお約束します」とお答えして、面接をしていただくことになりました。

プレッシャーに潰されそうになった

現在は中型、大型物件の施工管理をさせていただいています。
大きい工事になるほど、いろいろな職種の職人さんを何人もお願いして配置するので、当然予算も大きくなります。それを自分で管理していくという事のプレッシャーと責任感に、耐えられなくなりそうなこともありました。
最初は本当に経験が少なく、工程とか手順とか細かいことが分からなくて、職人さんとの行き違いで揉めてしまったこともありました。色々な工事が複合して、今、何の工事を進めていたのかと混乱してしまった時には、自分自身まずいな、力不足だと感じて、そう思えば思うほど悪い方向にいってしまって、どうにかしないと…と苦しみました。あの時は本当に必死でした。

それらをクリアーした時、本当にお客さまに喜んで頂いて、そしてリピートのお客様として、別工事の受注を頂きました。この仕事の受注を頂いた時に、信頼の重さや大切さを実感しました。
そもそも、ブランドとして大建が行っていなかったら受注されなかった工事ですし、私1人ではできなかった仕事で、本当にやりがいを感じました。

将来のためにやらなくてはいけないこと

近い将来の目標であれば、3年後、5年後くらいには建築のリーダーとして大型工事を担当していなければいけないと思っています。あとはやはり、1級建築士を取りたいですね。
2年後には1級建築士受験の条件である実務経験が足りますので、ぜひとも合格し、群を抜いたように仕事に取り組んでいきたいと希望してします。
1級建築士の初回受験での合格率は4%と言われている難しい試験ですので、勉強は相当しなければいけないのですが、まだ全然行動に移せていないので、また学校に通いたいと思っています。
個人的な夢としては、将来は自分で設計して、自分で家を建てたいということですね。まだ準備も整っておりませんし、社長には話していないので、内緒にしていてください(笑)

うちってこんな会社です

建築業界は経験の長いベテランが責任者になることが多い業界ですが、弊社は若手もどんどん活躍しています。
そして、社員1人1人がすごく明るく楽しそうにしている職場ですね。
とにかく仲が良いので、協調性があって、積極的に輪の中に入ろうする人、自分から一生懸命やろうとする人は向いていると思います。
前向きで明るい人ばかりなので、私もこの雰囲気の中で、将来はどんどん上を目指していきたいなと、入社前よりもずっと意欲が高くなりました。